肌に良いものばかりが良い訳じゃない?

Posted by admin on 8月 4, 2014 in 未分類 |

化粧品メーカーが販売している化粧品は色んな界面活性剤やら香料やら防腐剤やらが含まれていて成分が多すぎるし身体に悪そうだから信用できないわ!と不信感をもっている人が多いと思います。

そのため、添加物不使用の化粧品を使ったり、手作り化粧品を作ったり、いわゆるオーガニック化粧品が流行りました。特に手作りの化粧品だと美容の成分以外の不必要なものを排除して、必要な物を取り入れられるので無駄がなく、肌に良く、そして安く済むので人気が高まったようです。

しかしそもそも何故防腐剤などが含まれているのかというと、化粧品の劣化を防ぎ、長持ちさせるためです。化粧水の蓋をあけて出すとき、空気に触れるために酸化したり汚れがついたりします。それにより腐ってしまったりしますが、防腐剤はそれを防いでくれます。ですから手作り化粧品はなるべく空気に触れさせないようにしたり、1ヶ月以内に使いきるように注意しなければなりません。中にはアンチエイジング化粧品を手作りしてしまうという強者もいらっしゃるようです。

また、化粧品を作る場合、欲を出してある成分を入れすぎてしまったりすることがあったりします。自分で量を調整出来るのですから、ついついやってしまいますよね。しかし、量が多すぎると肌へ良くない作用が起こったりする事があります。炎症やらなんやら…。刺激の強いものは入れすぎないということを意識しなければなりません。

あと、手作り化粧品はお肌に浸透しにくいという欠点もあります。市販の化粧品の場合、お肌に浸透しにくい成分を浸透させやすくするために分子を小さくしたり工夫されていることが多いのですが、自作であればそういう訳にはいきません。

確かにお肌に悪いものはつけないようにする事はできるとは言え、使い方を誤れば悪い作用も引き起こしかねませんし、効果が低かったりするので、手作り化粧品というのも実は考え物であるということなんですね。

そのような理由から、個人的には手作り化粧品はあまりオススメできないかもしれません。界面活性剤などの成分がが全て悪という訳では無いし、市販の物で自分に合う物を見つけることが大切だと思います。ある程度お肌を守ってくれていますからね!

Reply

Copyright © 2017 美肌と脱毛の関連性 All rights reserved. Theme by Rankerz SEO Company